何があっても全然おっけーじゃありません。

アイドル・漫画・小説など様々なジャンルのヲタク、まなたろです。

泥に飲まれる感覚。

今日も今日とて、読書。
今日から三島由紀夫の音楽を読み始めました。

まだ序盤だけど、なかなか面白い。
精神分析医と患者の話。

さっき遠藤周作の沈黙買ってもらったから、次はそれ読むかなー?

なんか、泥に飲まれたような感覚なのです。
ぬーん、て。(語彙力)
これほんとに説明するの難しいんだけど…ほんとに泥に飲まれる感じ。
体が思うように動かないし、脳みそも泥まみれ。
というか、脳みその中身が泥。
色々と感覚が鈍ってる。気だるい。
思考も鈍ってるから、本はとても面白いのに進みがすごく遅い。読む目すら泥まみれというか…速度制限かかったような…なんていうんだろう…うん。
一文字一文字を読んで理解して次の文字を読むっていう作業がなかなかサクサクいかない。
まるでわたしのポンコツパソコンのようだ。
すぐフリーズするしカクカクだしなんでも遅い。

パソコンは所持者に似るのかな…笑

読書って頑張ってするものじゃないから、読みたきゃ読み進めるし、ダメなら時間置くし…って感じです。
ただとても続きがきになるので、脳内に直接内容を送り込んでほしい。笑
そういう装置できないかな(´-ω-`)


ま、そんな平日の午後。
雨降りだったり止んだりだったりで安定しないから、わたしの体調や精神も安定しないのかな?


まなたろ。